美術館「コレクション展 風景をとらえる方法」のご案内

[更新日:2017年01月18日]
開催日: 平成29年1月28日〜平成29年3月26日
開催時間: 9時30分〜16時30分
開催場所: 黒部市美術館

黒部市美術館のご案内 → 黒部市美術館
黒部市美術館Facebook →  https://www.facebook.com/kurobecityartmuseum

コレクション展 風景をとらえる方法




チラシ表チラシ裏
☆チラシ表・・・チラシ表
☆チラシ裏・・・チラシ裏

1 主  催:黒部市美術館
2 共  催:北日本新聞社
3 後  援:北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、みらーれTV(地域CATV)、新川コミュニティ放送(コミュニティーFM)
4 会  場:黒部市美術館 〒938−0041 富山県黒部市堀切1035
5 観 覧 料 :一般300円(200円)、高校・大学生200円(150円)、中学生以下無料 
        *( )内は20名以上の団体料金および割引料金
6 休 館 日:月曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日・22日
7 開館時間:午前9時30分〜午後4時30分まで(最終入館は午後4時まで)

【 内 容 】:
本展では当館の収蔵品である、近現代の日本の版画や、郷土作家の日本画や洋画から、風景についての作品を展示いたします。作家が風景をどのように見て、風景の何を描いたのかを考察することを通して、表現の豊かさに改めて思い巡らせていただけましたら幸いです。

新収蔵作品の公開
1)岩井幸子《冬の序》2005年、紙、木版【2015年度新収蔵作品】
2)清河恵美《サンサシオン(記憶から》1988年、ミクストメディア【2014年度新収蔵作品】

黒部市指定文化財の公開
(期間限定公開/2017年3月11日〜3月26日)屏風展示期間中のみ半券で再入場1回可
《四季草花図屏風》伊年印、紙本著色、六曲一双



午後のトークショー
観覧券もしくは半券(再入場1回可)が必要
新たな収蔵品を中心に作者のお二人に作品制作のお話を伺います。聞き手:尺戸智佳子(黒部市美術館学芸員)
各回定員20名(要予約)、各回14:00〜(45分程度)

 3月12日(日) 清河恵美
 3月25日(土) 岩井幸子

会期中のイベント

イベントの申込み先:黒部市美術館 0765−52−5011

 【銅版画教室ーエッチングで風景を描く】
  日 時|3月4日(土) 9:30〜16:00
  講 師|杉本あかり(銅版画家)
  持ち物|下絵、エプロン、昼食
  参加料|2,000円
  定 員|10名(要予約)

【デッサン教室ー美術館の窓から見える風景】
  日 時|3月18日(土) 9:30〜16:00
  講 師|安達博文(洋画家/富山大学芸術文化学部)
  持ち物|鉛筆、消しゴム、昼食(色鉛筆、パステルを持参可)
  参加料|2,000円
  定 員|12名(要予約)

【KUROBIアート体験コーナー】
  会期中いつでも開催、事前申込み不要
  ガラスアート|大500円、小300円
  スチレンボード版画|100円
  モザイクパネル|300円
  

 

お問い合わせ

黒部市美術館
住所:〒938-0041 富山県黒部市堀切1035   TEL:0765-52-5011   FAX:0765-52-5011

美術館・科学館」に関する情報