平成30年住宅・土地統計調査のお願い

[更新日:2018年08月16日]

 住宅・土地ピクチャー

住宅・土地統計調査にご協力下さい

 住宅・土地統計調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づいた統計調査で、昭和23年から5年ごとに行なわれ、今回は15回目の調査に当たります。

 この調査は、全国約370万世帯の方々を対象とした大規模な調査で、調査の結果は@少子・高齢社会を支える住環境A耐震性・防火性といった住宅性能水準B土地の利用状況を明らかにすることをねらいとしています。また、近年空き家対策の重要性が高まっていることから、空き家を含めた住生活の実態を把握することとしています。

調査対象

 平成27年国勢調査の調査区の中から、総務大臣が指定した調査区の中から選んで実施します。

   ○黒部市 137調査区 約2,740住戸
   ○全 国 約22万調査区 約370万住戸

調査の内容

 調査票には以下の調査項目があり、調査対象となった世帯に調査票を配布します。

  ・住宅等に関する事項
  ・世帯に関する事項
  ・住環境に関する事項
  ・現住居以外の住居及び土地に関する事項等

調査の流れ

 9月下旬に、国で決められた抽出方法により調査対象に選ばれた世帯を調査員が訪問し、調査票を配布します。
 10月1日以降に調査員が、調査票の回収にお伺いします。(インターネットや郵送でも回答可。)

調査へのご理解とご協力を

 「住宅・土地統計調査」の調査員は都道府県知事によって任命された地方公務員であり、厳格な守秘義務が課せられています。調査票にご記入いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用することはありません。
 
 また、調査の対象となった場合には、法律により調査の協力が義務付けられています。
 調査票がお手元に届きましたら、ご協力をお願いいたします。

 ●参考法令(抜粋)●
  ・統計法第13条 基幹統計調査を行う場合には、基幹統計の作成のために必要な事項について、個人又は法人その他団
  体に対し報告を求めることができる。
   2 前項の規定により報告を求められた者は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない。  

  ・統計法第61条 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
   1 第十三条の規定に違反して、基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした者

関連リンク 

  総務省統計局ホームページ

 問い合わせ先

 <住宅・土地統計調査コールセンター>
  電話:0570-78-3939
  設置期間:平成30年9月1日(土)〜10月26日(金)
  受付時間:午前8時〜午後9時(土・日・祝でもご利用になれます)
 
 <黒部市役所企画政策課>
   電話:0765-54-2114(内線3114)