9月5日現在の黒部峡谷・僧ヶ岳周辺の観光施設等について

[更新日:2017年09月05日]

 9月5日現在の黒部峡谷・僧ヶ岳周辺の観光施設等の状況については、以下のとおりです。

【黒部峡谷】
 ◎黒部峡谷鉄道 営業中(運行状況はHPでご確認願います。)
  ※黒部峡谷鉄道HP http://www.kurotetu.co.jp/
 ◎黒薙温泉 営業中(営業状況についてはHPでご確認願います。)  
  ※黒薙温泉HP http://www.kuronagi.jp/
 ◎鐘釣、欅平 
  〇鐘釣
   万年雪展望台・・・通行可能です。
   鐘釣河原まで・・・通行可能です。(黒部川本流の流量増により水位が高い場合は、ご利用できません。)
   鐘釣河原露天風呂・・・足湯としての利用は可能。(黒部川本流の流量増により水位が高い場合は、ご利用できません。)

  〇欅平
   欅平ビジターセンター・・・開館中 http://www.keyakidaira.info/
   祖母谷方面・・・祖母谷温泉まで通行可能です。
    欅平駅周辺・・・河原展望台まで通行可能です。
      猿飛遊歩道・・・猿飛峡まで通行可能です。
   【欅平駅前】
   170505欅平駅前(5).jpg
   【奥鐘橋】
   1705051奥鐘橋.jpg
   【河原展望台】
   170505河原展望台.jpg


【宇奈月温泉周辺】
 ◎尾の沼体験交流施設とちの湯   営業中 ⇒くわしくは『観光局HP』 https://www.kurobe-unazuki.jp/news/2017/04/01/2054/ 
 ◎やまびこ遊歩道           通行できます。
 ◎詩のみち遊歩道           通行できます。
 ◎平和の像(大原台自然公園)       平和の像まで通行可能です。

【僧ヶ岳・駒ヶ岳】

 7月31日(月)現在の状況は以下のとおりです。

 7月28日(金)から林道別又僧ヶ岳線が烏帽子尾根まで通行可能となりました。
 烏帽子尾根から僧ヶ岳山頂までは2時間30分〜3時間となりますが、夏山は体力の消耗が非常に激しくなりますので、脱水症状に注意し、水分を十分に補給しながら、登山してください。

7月10日(月)現在の状況は以下のとおりです。

 ◎林道別又僧ヶ岳線は、7月1日の大雨の影響で第2登山口(平和の像から少し進んだところ)まで車両通行可能です。
 ◎第2登山口から僧ヶ岳山頂までは、平均的な登山者でも6時間〜7時間かかります。(体調管理をしっかりして登山してください。)

6月29日(木)現在の状況は以下のとおりです。

 ◎林道別又僧ヶ岳線は現在、烏帽子尾根登山口(1,280)まで車両通行可能です。
  なお、路肩の弱い箇所もありますので十分注意して車両通行をお願いします。
 ◎烏帽子尾根登山口から僧ヶ岳山頂までは、平均的な登山者でも2時間〜3時間かかります。(体調管理をしっかりして登山してください。)

6月26日(月)現在の状況は以下のとおりです。

 ◎林道別又僧ヶ岳線は現在、第3登山口(1,050m遭難碑広場)まで車両通行可能です。
 ◎第3登山口から僧ヶ岳山頂までは、平均的な登山者でも4時間〜5時間かかります。(体調管理をしっかりして登山してください。)

6月11日(日)に富山県警山岳警備隊、宇奈月方面山岳遭難対策協議会、黒部市で登山道の状況を確認してきました。
 状況は以下のとおりです。

 ◎林道別又僧ヶ岳線は現在、第2登山口(平和の像から少し進んだところ)まで車両通行可能です。
 ◎第2登山口から僧ヶ岳山頂までは、平均的な登山者でも6時間〜7時間かかります。(体調管理をしっかりして登山してください。)
 ◎トイレは平和の像、第3登山口(1,050m遭難碑)の公衆トイレをご利用ください。
 ◎駒ヶ岳まで登山される方は、午前11:00までに僧ヶ岳山頂に到達するように登山してください。もし、到達しなかった場合は引き返してください。
 昨年より残雪がかなり多いです。特に前僧ヶ岳付近は滑落の恐れがある雪渓が各所に見受けられました。
 ◎夏山装備では危険ですので、絶対に登山しないでください!(ピッケル、アイゼン、ロープなどは必ず用意してください)
 ◎初心者だけでのグループ登山や単独登山は控えてください。(5月29日現在、僧ヶ岳周辺で3件の遭難事故が発生しています。)

  ◆1,300m〜1,400m付近(残雪が目立ち始めます。) 
  170611saku僧ヶ岳線パトロール046.jpg
  ◆烏帽子尾根分岐周辺(雪渓では滑落しないように注意してください。)
  170611saku僧ヶ岳線パトロール076.jpg 170611saku僧ヶ岳線パトロール091-2.jpg

  
  ◆前僧ヶ岳手前の雪渓(一昨年と大体、同じ大きさです。夏道を完全に覆っています。)
  170611saku僧ヶ岳線パトロール174.JPG
  
  ◆山頂付近(残雪が登山道を完全に覆っています。)
  170611saku僧ヶ岳線パトロール150.JPG
  
  ◆残雪により登山道が埋まっている場所にはリボンがついています。必ず確認して進んでください。
  170611saku僧ヶ岳線パトロール182.JPG

  ◆1,050m公衆トイレは6月11日から使用できます。
  170611saku僧ヶ岳線パトロール200.JPG

登山をされる方へ(警察からのお願い)
 ◎遭難事故が多発しておりますので、登山届を提出してください(最寄りの交番駐在所でも提出可能、任意様式でも可能)。
 ◎悪天候時は道迷いでのビバークも想定されることから、十分な装備(食料、ガス、携帯電話の電池バッテリーなど)を携行してください。
  (登山届については、http://police.pref.toyama.jp/cms_cat_police/108020/kj00017540-004-01.htmlを参照願います。)
 

 

お問い合わせ

商工観光課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2611  
Email:syoukoukankou@city.kurobe.toyama.jp