高齢者インフルエンザ予防接種の助成

[更新日:2017年11月01日]

高齢者の方を対象にインフルエンザ予防接種費用を助成します。

インフルエンザは例年冬季に流行します。 高齢者の方や慢性疾患等をお持ちの方は肺炎を伴うなど重症化する例もありますので、注意が必要です。 ワクチンにはインフルエンザの発症をある程度抑える効果や、かかっても重症になるのを防ぐ効果が期待できます。 予防接種は流行前に受けましょう。 地域差はありますが、通常、インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬です。 ワクチンを接種してから、抵抗力がつくまでに約2週間かかり、その効果が十分に持続する期間は約5ヶ月間とされています。 より効率的に有効性を高めるためには、早めの接種をお勧めします

対象者

黒部市に住所を有する方で、接種当日において
@満65歳以上の方
A満60歳〜65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の疾患又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害で身体障害者手帳一級に相当する方

接種期間

平成29年11月1日(水)から平成30年1月31日(水)
ただし、休診日を除く。
※期間を過ぎると、全額自己負担になります。

接種料金

1,400円
※生活保護受給者は無料です。

持参するもの

免許証や健康保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるもの

接種実施医療機関 (事前予約をお願いします)

池田リハビリテーション病院 石坂外科内科医院 岩井整形外科医院
岩田クリニック 大橋耳鼻科眼科クリニック 金田クリニック
きょうクリニック くらた皮ふ科クリニック こいずみクリニック
桜井病院 高桜内科医院 たまの整形外科クリニック
藤が丘クリニック 藤森内科医院 堀川皮膚科クリニック
牧野胃腸科クリニック むらおかクリニック 桃井医院
柳沢眼科医院 吉澤内科医院 野島医院(入善町)

診票・説明書は医療機関に備えてあります。
説明書をよく読み、インフルエンザ予防接種の効果や副反応などについてよく理解した上で、接種を受けてください。

ただし、インフルエンザ予防接種だけで、100%インフルエンザの感染を防ぐわけではありません。
「ワクチンをうったからもう大丈夫」「絶対にインフルエンザにかからない」と考えず、手洗い、咳エチケットなど、基本的な対策とあわせて、インフルエンザの予防に努めることが必要です。

咳エチケットとは、@咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと、A咳が出るときはできるだけマスクをすること、B手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うことです。感染対策ではマスクは重要ですが、感染者がマスクをする方が、感染を抑える効果は高いと言われています。

 

お問い合わせ

健康増進課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2411   FAX:0765-54-2519
Email:hoken@city.kurobe.toyama.jp